News & Articles

ベ-タアナリティックは天然由来原料の真正試験を行っています

July 27, 2018

最近のFood Safety Magazineでベータアナリティック社のJasmine Garside とAnna Lykkeberg による天然由来食品の真正試験に関する記事が掲載されました。記事では放射性炭素(carbon-14)分析がどのように食品・食材の石油化学合成物質による偽和を見抜き、サプライチェインの整合性と食の安全を高めるのに役立つのかについてご紹介しています。

food natural ingredients

一般的に、より高価な天然由来製品のブームは、経済的に偽和の動機づけとなり、その横行にもつながりかねません。また偽和のために混入される成分によっては食の安全の問題にも関わります。 たとえ、人の健康には影響しない場合でも、原材料が不当表示されれば製品の品質は著しく落ちることになります。

偽和は香料メーカーや食品メーカーにとって法的および経済的リスクにつながります。利益につながりやすい”天然”というラベル表示は法的には規制されていない場合もありますが、消費者はそれらの商品には合成由来の物質が含まれていないものとみなします。企業は、ブランドネームと顧客の信頼を失わないためにも入念な品質保証を行う必要があります。

詳細な情報はFood Safety Magazine2018年6月-7月号のベータアナリティックによる記事、 “Have Your Natural Ingredients Been Adulterated?” をご参照ください。

天然を裏付ける

ベータアナリティックは、迅速で高品質な放射性炭素(carbon-14)試験によって、食品メーカー、流通業者、その規制機関などが食品や飲料、食材などに石油由来の合成物質が含まれていないかどうかを確認するためのお手伝いをします。ISO-17025認定の試験所では5-7営業日で結果をご提供しています。特にお急ぎの場合は4営業日での試験も可能です(オプション料金が必要)。 詳細はお気軽にお問合せください。 試験所への連絡先.