なぜC14によって燃料や排出ガスのバイオジェニック炭素含有率を測定するのでしょうか?

代替燃料の 詳細なデータ を把握します

放射性炭素(C14) 測定は燃料中のバイオジェニック炭素含有率を正確かつ高精度で決定します。 それにより代替燃料としてのバイオ燃料の対価をより高めることが可能です。 多くのプラントは予測値もしくは酸溶解法によってバイオ由来成分の含有率を決定していますが、どちらの方法も放射性炭素(C14)測定による方法より正確さおよび精度において劣る可能性があります。

不均質な燃料の代表値を得る

排出CO2ガス のバイオジェニック炭素含有率試験はプラントなどより排出された全CO2ガス中のバイオ由来炭素含有率と化石燃料由来の炭素含有率を決定します。 これによって固形燃料を直接サンプリングすることによって生じる ”試料の不均質さ” の問題から解放されます。 排出ガスの測定は、 都市廃棄物(Municipal Solid Waste)ごみ固形燃料(Refuse-derived Fuels) などの廃棄物利用エネルギー産業に有用な情報を提供します。

さまざまな温室効果ガス規制 と排出取引に適合するために

さまざまな規制に基づき報告をする際、企業は温室効果ガス排出量からバイオ由来もしくは再生可能なCO2ガスの排出量を差し引くことが可能です。それら規制のなかには、この放射性炭素(C14)試験を推奨または必須としているものがあります。 温室効果ガス、バイオ由来CO2の排出に関するさまざまな規制に適合するために、廃棄物利用エネルギー、電力、製鉄、石炭、セメントなどのバイオマス燃料と化石燃料を混合燃焼するプラントを抱える産業にとって有用な試験です。

ベータ・アナリティックの専門家におまかせください!

icon 01

迅速な試験納期 3-5 営業日

一年を通じて3-5 営業日で結果をお知らせしています。 試験報告書には品質管理レポート(Quality Assurance reports)が添付されます。

icon 01

ASTM D6866 メソッドの共同開発者です

ベータ・アナリティックは ASTM D6866 メソッド の開発者の重要な一員です。 またヨーロッパにおける規格である EN 15440 および ISO 13833 など、世界の主要なバイオベース試験規格の制定に技術アドバイザーとして貢献してきました。

icon 01

放射性炭素(C14)測定における世界的なリーダー

1979年以来 ISO 17025 認定の ベータ・アナリティックは放射性炭素年代測定(C14)測定における世界的なリーダーです。

icon 01

専門家による無料の技術相談

ベータ・アナリティックでは複雑なバイオベース試料に関して高度な知識を持つプロフェッショナルの専門家が常駐しています。そうした専門家による技術相談は無料で承っています。

icon 01

トレーサー・フリー試験所

ベータ・アナリティックは薬物動態学関連の試料、バイオメディカル関連の試料など人工的に放射性炭素(C14)がラベルされた試料は、クロス・コンタミネーションのリスクを避けるため一切お引き受けしていません。

あなたはカーボン・ニュートラルの燃料を使用していますか? 証明しましょう!

信頼性が高く、正確で、納期の速い再生可能炭素の試験はベータ・アナリティックにおまかせください。
お問い合わせ