なぜバイオ燃料のバイオジェニック炭素含有率を測定するのでしょうか?

バイオ燃料混合率の正確さの検証

ASTM D6866 試験はバイオジェニック炭素もしくは再生可能炭素の含有率を測定する方法として広く認知されています。 バイオ燃料混合率の正確さを検証するための第三者機関による認証手段として顧客、原料供給者などのサプライヤー、生産者、販売業者に必要とされています。

バイオジェニック炭素の含有率を正確に高精度で決定する

研究開発、製品開発の段階で正確で精度の高いバイオジェニック炭素濃度を知ることができます。 これによりバイオ由来成分の濃度を最大に、化石由来成分の濃度を最少にするためのプロセスに貢献します。

税額控除やその他のインセンティブの証明として

各国におけるさまざまな戦略がバイオ燃料の使用およびそのバイオ由来成分の定量を推奨しています。例えば US EPA Renewable Fuel StandardはASTM D6866 試験を明記しています。

バイオジェニック炭素の試験で何を知ることができますか?

バイオマス由来の固形・液体・気体燃料は、燃焼した時にカーボン・ニュートラルな炭素を排出します。 そのため化石燃料の優れた代替燃料として利用可能です。現在市場で流通しているバイオ・エタノールやバイオ・ディーゼルなどのほとんどは放射性炭素(C14)を含む光合成を行う植物から製造されています。

バイオジェニック炭素の含有率試験は放射性炭素年代測定(C14年代測定)の技術を用いて、バイオ燃料やその他のバイオベース製品のバイオジェニック炭素と化石起源炭素の含有率を決定します。 例えば、バイオ・エタノールと化石由来の合成エタノールは化学成分的には区別がつきませんが、放射性炭素(C14)を測定することによって正確に区別をすることが可能です。

ベータ・アナリティックの専門家におまかせください!

icon 01

迅速な試験納期 3-5 営業日

一年を通じて3-5 営業日で結果をお知らせしています。 試験報告書には品質管理レポート(Quality Assurance reports)が添付されます。

icon 01

ASTM D6866 メソッドの共同開発者です

ベータ・アナリティックは ASTM D6866 メソッド の開発者の重要な一員です。 また世界の主要なバイオベース・イニシアチブのすべてに技術アドバイザーとして貢献してきました。

icon 01

放射性炭素(C14)測定における世界的なリーダー

1979年以来 ISO 17025 認定の ベータ・アナリティックは放射性炭素年代測定(C14)測定における世界的なリーダーです。

icon 01

専門家による無料の技術相談

ベータ・アナリティックでは複雑なバイオベース試料に関して高度な知識を持つプロフェッショナルの専門家が常駐しています。そうした専門家による技術相談は無料で承っています。

icon 01

トレーサー・フリー試験所

ベータ・アナリティックは薬物動態学関連の試料、バイオメディカル関連の試料など人工的に放射性炭素(C14)がラベルされた試料は、クロス・コンタミネーションのリスクを避けるため一切お引き受けしていません。

あなたはバイオ燃料を使用していますか?  証明しましょう!

信頼性が高く、正確で、納期の速いバイオ燃料試験はベータ・アナリティックにおまかせください。お問い合わせ