COVID-19 Notice: The lab is currently operating as usual and following the safety recommendations from the government in Florida. We will continue to monitor the situation closely to ensure employee safety.

Due to these unprecedented times, the situation may change at any moment, and we encourage you to contact us before sending your samples so we can recommend you the best way to proceed.

AB32 & SB32: GHG(温室効果ガス)を削減するためのカリフォルニア州における主要なイニシアティブ

  • AB32は2020年までにカリフォルニア州の温室効果ガスの排出量を大幅に削減することを目的としています。
  • この規制ではASTM D6866分析のための排出ガスのサンプリングの代わりに燃料のサンプリングを許可しています。
  • 2020年以降のAB32の後継にあたるSB32は、2016年9月に署名され、法が成立しました。

ベータ・アナリティック社は精確かつ信頼性の高いASTM D6866試験結果をご提供することにより、AB32の必要要件を満たすよう各企業をご支援いたします。


AB32推奨ASTM D6866試験

EmissionsAB32はバイオマス、都市廃棄物、バイオマスを含む廃棄物燃料の燃焼から得られるカーボンニュートラルCO2排出ガスの測定に ASTM D6866 を推奨しています。詳しい 規制:英語のみ に関しては93ページをご参照ください。

ASTM D6866試験は、セメント工場、発電所オペレーター、電力小売プロバイダー、カリフォルニア州を越えて電力の輸入・輸出を行なっているマーケター、定常燃焼施設オペレーターにも推奨されています。

カリフォルニア大気資源局は以下の産業のにおけるガイダンスを発表しました。:

  • セメント業界− ASTM D6866 [listed as Section 95125(h)]は、バイオマス固形燃料、廃棄物燃料、混焼燃料を使用しているセメント工場での選択法となっています。
  • 電力部門− ASTM D6866 [listed as Section 95125(h)]は、バイオマス燃料、都市廃棄物を燃焼している発電所での選択法となっています。
  • 定常燃焼施設− ASTM D6866 [listed as Section 95125(h)]は、定常燃焼施設でのCO2排出ガスの生物起源含有率を測定する際の選択法となっています。

排出ガスサンプリングの代わりに燃料サンプリングが許可されています

2009年10月、ARB(カリフォルニア大気資源局)はAB32 FAQ:英語のみを発表しました。ARBは排出ガスサンプリングの代わりとして燃料のサンプリングも可能であることを明らかにしました。

ページ19:この規制では、ASTM D6866によりサポートされているタイプの燃料試験範囲内では、排出ガスサンプリングの代わりに燃料サンプリングからのバイオマス排出ガスの算出を許可しています。分析のために採取された燃料サンプルは、サンプルを代表するもので、偏りがなく、その他規制の必要要件を満たさなければなりません。セクション95125(h)(2)での他の採取方法や算出方法は燃料サンプルに適用されます。またこれにはASTM分析は少なくとも3ヶ月毎に行なわなければならないという必要要件を含みます。

AB32について

州下院法案(Assembly Bill 32)または AB32 :英語のみ として知られているカリフォルニア州の2006年地球温暖化対策法では気候変動や温室効果ガスを削減させるイニシアティブの概要を述べています。AB32の下で、カリフォルニアは2020年までに温室効果ガスを1990年レベルまでに削減、2050年までに1990年比で80%削減することを目的で2006年に法制化さました。

AB32には、二酸化炭素 (CO2) やメタン (CH4)、 亜酸化窒素 (N2O)、ハイドロフルオロカーボン (HFCs)、ペルフルオロカーボン (PFCs)、六フッ化硫黄 (SF6), 三フッ化窒素* (NF3)といった大気中に排出される主要のGHGやGHG群が含まれています。

カリフォルニア州ではAB32を「世界初の包括的な規制プログラム、温室効果ガスの定量化またはコスト効率の高い削減を達成するためのマーケットメカニズム」として考えています。AB32ではカリフォルニア州のセメント工場、発電施設、コージェネレーション設備、石油精製施設、水素プラント、定常燃焼施設の温室効果ガスの確認・報告を義務づけています。

カリフォルニア州環境保護庁の カリフォルニア大気資源局(ARB) :英語のみ では、既にAB32温室効果ガス報告規制を実行しています。この規制は2007年12月にARBにより承認され、2008年12月2日よりスタートしました。

AB32の後継法案であるSB32

2016年9月、法案 32 号「カリフォルニア州地球温暖化対策法:排出規制」(SB32: Senate Bill No. 32)により、2030年12月までにGHG排出を1990年の40%まで減少させることが目標として設定されました。SB32とともに、議会はARBのスコープ計画を策定するための追加の方向性が記されるAB 197の合法制定法案を可決しました。

ARBは、カリフォルニアの2030年のGHG目標に向けた戦略を2017年に実行完了しました。

ASTM D6866を必要とする他の規制

ベータ・アナリティック社による ASTM D6866試験提供サービス

ISO/IEC 17025:2005認証放射性炭素年代測定研究所ベータ・アナリティック社では、高濃度レベルで二酸化炭素排出する様々な産業にASTM D6866試験をご提供しております。試験はフロリダ州マイアミ本社の試験所で行いますが、米国はもとより英国(ロンドン)、日本(名古屋)、中国(北京)、台湾(台北)、韓国(ソウル)、ブラジル(サンパウロ)にも支社や代理店を置き、サンプルを受け付けております。

Last Updated: August 2018