News & Articles

バイオプリファードプログラム – バイオベース濃度試験のための認定試験所

June 29, 2018

アメリカ農業省のバイオプリファードプログラムの申請に必要なASTMD6866試験結果 (バイオベース濃度試験) は、認定された試験所により行われたもののみが有効です。試験所の認定は、バイオプリファードプログラムの製品認定およびラベリング機関の監督者であるSafety Equipment Institute (SEI)が行います。SEIに対して試験所はISO 17025を取得していること、人為的な炭素14 (carbon-14)を取り扱っていないこと、ASTMD6866試験を正しく行う能力があることを証明する必要があります。

ASTM Internationalの外郭団体、SEI が2016年より BioPreferred Voluntary Labelling Program を管理しています。

ISO 17025認定

SEIによるとバイオプリファードプログラムの申請に必要なASTMD6866試験結果を提供するためには、試験所がISO/IEC 17025 standardによる認定を受けていることが必須となっています。ISO17025認定は試験所が、正確かつ信頼性のある試験、較正、サンプリングを公正に一貫して行うことができることの証明です。International Organization for Standardization (ISO)によると、ISO 17025 は試験所が品質の高い分析システムを構築しており、技術的に正確で信頼性のある結果を提供できることを証明するための規格です。

ISO 17025認定試験所による試験結果は、世界中の多くの試験所によって承認されます。よって各国において追加試験を行う必要がなく、一度の試験で国際的に認められるデータを得ることが可能であり、国際間の取引、貿易の際に大変有利です。

人為的な炭素14は取り扱いません

バイオプリファードプログラムでは、SEIは人為的な炭素14を直接取り扱う試験所は認可しません。 また ASTM D6866 ではscope and limitationsにて、人為的な炭素14を直接取り扱うことのない試験所だけが試験を行うことができるということを明示しています。 ASTM は、人為的な炭素14は試験所のあちこちに拡散し測定サンプルを汚染することにより、実際より高いバイオベース濃度の結果を生ずる可能性があることを指摘しています。

biobased testing AMS

ASTM D6866 試験を行う能力の証明

SEIはASTM D6866を行う試験所に対し下記項目について情報公開を要求しています:

  • ASTM D6866試験を行う責任者全員の名簿 (試験経歴と試験能力を添えて) ;
  • ASTMD6866試験を行うスタッフの技術的な能力が、トレーニングおよび教育によって常に更新されていることの確認方法とその文書化に関する情報
  • ASTM D6866の試験過程の記録文書

アメリカ農業省のバイオプリファードプログラム

バイオプリファードプログラムはアメリカ合衆国政府がバイオベース製品の消費の増加と、それに関わる雇用を創出するために制定されました。プログラムには二つのイニシアチブがあります。 政府機関の 調達プログラム および 消費者マーケッティングのための ヴォランタリー ラべリングプログラムです。2018年7月現在、バイオプリファードプログラムの認証を受けた製品のカタログには、97のカテゴリーに15000を超えるバイオベース製品が記載されています。

biobased_products_in_the_usda_biopreferred_catalog
認証のみの製品 (Certified-only products) – 97カテゴリーのどれにも該当はしていないが、バイオプリファードプログラムの認証審査に合格した製品を示します。 資格のみの製品 (Qualified-only) – カテゴリーのどれかに該当しますが、プログラムの認証審査を通過していないバイオベース製品を意味します。 資格/認証 (Qualified/Certified) – カテゴリーのどれかに該当しかつプログラムの認証審査に合格した製品を示します。

ベータアナリティック : 迅速で高品質のASTM D6866 試験

フロリダ州マイアミに拠点をおくベータアナリティック社では2004年からASTM D6866試験を行っております。ベータアナリティックは2004年からASTM (the American Society for Testing Materials) のD20.96 サブ委員会に所属し、ASTM D6866の著作に協力しています。

2008年にISO 17025認定を取得し、 トレーサーフリーのベータアナリティックはグロスコンタミネーションを避けるためバイオケミカル試料をはじめとするcarbon-14、carbon-13、carbon-12およびその他すべての人為的な同位体がラベルされた試料は受け入れておりません。

ベータアナリティックは高品質なバイオベース濃度試験を標準納期で5から7営業日でご提供しています。ご要望によりさらに速い納期でも試験を行うことも可能です。 詳細は052-802-0703 (日本総代理店 地球科学研究所 担当 松山)、305-662-7760 (USA) または こちらのコンタクトフォームからお問合せください。

ベータアナリティックはASTM, SEIおよびアメリカ農業省バイオプリファードプログラムとは提携していません。 しかしながらバイオプリファードボランタリーラべリングプログラムの申請のための試料提出方法についてのご相談は歓迎いたします。

References:
ASTM D6866-18 – Standard Test Methods for Determining the Biobased Content of Solid, Liquid, and Gaseous Samples Using Radiocarbon Analysis
SEI Certification Program – USDA Voluntary Biobased Product Labeling