Beta Analytic 最新情報

USDA認証バイオベース入浴グッズの見分け方

March 16, 2018

近年、天然成分配合のパーソナルケア用品が消費者から好まれる傾向にあります。そこで、米国農務省(USDA)は、BioPreferred Labeling Programに入浴グッズといったパーソナルケア用品を含めました。これは、消費者が工業用の原料と、自然由来原料で作られているものを簡単に見分けるためです。 USDAによって認証されたバイオ素材の入浴グッズにはBioPreferredラベルが付いています。

USDA認証のバイオベース製品

バイオベースの製品の BioPreferred Program 認証は、第三者機関によるバイオベース含有量試験と検証に基づいて行われます。そして認証を受けると、”USDA Certified Biobased Product“(USDA認定バイオベース製品)という文言と共に、製品のパッケージやマーケティング活動にUSDAのバイオベースラベルを使用することができます。また、 Federal Procurement Preference Program 連邦バイオベース製品の優先調達プログラム)の一環であるとして、”FP”という文字がラベルに記されます。

biobased_products_in_the_usda_biopreferred_catalog

入浴グッズ:バイオベース含有率61%

BioPreferred Programでは、入浴グッズは液体やジェル、固形石鹸といった個人向けのケアグッズは対象としていますが、ハンドクリーナーまたはハンドサニタイザー(手指消毒用の除菌アルコールなど)として市販されている製品は除外します。ボディウォッシュまたはクレンジングローションはこのカテゴリに含まれています。

販売している入浴グッズのUSDAバイオ優先プログラムによる認証を得ることを希望するメーカーは、ASTM D6866分析 で測定する際、少なくとも61%バイオベースで製造する必要があります。 ただし、USDAはバイオベースのコンテンツの割合が高ければ高いほど優れた機能や安全性、環境への影響を示すわけではないことを明言しています。

入浴グッズをバイオベースとするには、バイオ素材を原料とした界面活性剤、精油、フレグランスなどを成分として含有させるのがよいでしょう。

バイオベースの界面活性剤

それぞれ異なる化学組成で構成されているものの、すべての入浴グッズは有効成分として界面活性剤を含んでいます。界面活性剤には石油化学原料が使われるの主流です。石油化学由来の成分にさらされると、表面レベルで皮膚刺激を引き起こし、体内で生理活性を乱す可能性があることが研究により指摘されています。 1

健康上のリスクの他に、石油化学製品由来の界面活性剤からの廃棄物も環境に害を及ぼす可能性があります。廃棄物が水域に排出されると、水生植物の生産性が低下し、食物連鎖のバランスが崩れます。そして、その水生動物が人間に食べられると、体内の界面活性剤の濃度が上がります。 1

再生可能原料から作られた界面活性剤はそれほど有害ではなく、石油由来の界面活性剤に匹敵する洗浄効果を示すと主張する研究もあります。再生可能原料は、はるかに低い生産コストでも生産できる可能性があり、石油化学製品以上のメリットがあることが証明されています。 2

USDA BioPreferredプログラム

USDA BioPreferredプログラムは、バイオベース製品の購入と使用を促進することで、経済発展を促し、より多くの雇用を提供し、新しい市場を必要とされている商品に向けることを目的としています。 2014年の時点で、プログラムが直接的、間接的、および誘発的な要因となって、米国経済に3,930億ドルの付加価値と420万人の雇用といった経済的な影響をもたらしています。

なお、BioPreferredプログラムには現在97の製品カテゴリがあります。

Sources:

1. Yuan, C. L. et al. (2014). Study on characteristics and harm of surfactants. Journal of Chemical and Pharmaceutical Research, 6(7), 2233-2237. Retrieved March 16, 2018.

2. Nagarajan R. (2013.). ‘Greener’ Surfactants from Bio-based Waste as Efficient Alternatives to Nonylphenol Ethoxylates. Retrieved March 16, 2018.


Beta Analyticは、USDA、BioPreferred ProgramまたはASTMと提携していませんが、 ISO 17025認定の試験所にてASTM D6866試験を行っています。BioPreferred Programの申請をご希望のお客様からのお問合せをお待ちしております。結果は5-7営業日でご報告いたします。より短い期間でご報告可能なサービスも利用可能です。価格に関するお問い合わせは ラボまでご連絡ください。