エコマーク認定

  • 商品のライフサイクルを通して環境への影響を総合的に判断
  • 文房具から建築資材、エンジンオイルなどにわたって様々な商品およびサービスに適用
  • 認定基準は商品の用途や特徴などによって分類されたカテゴリー(商品類型)ごとに制定される
  • 植物由来原料の使用が認定要件のひとつとなっている商品類型があり、その証明方法にISO 16620-2 または ASTM D6866試験が採用されている

エコマークの認定基準は商品の用途や特徴などによって分類されたカテゴリー(商品類型)ごとに日本環境協会によって制定されており、それぞれの商品類型によって異なります。

例えば、商品類型 ”No.112 文具・事務用品Version2.2″ では、4-1-1(4)-a)に “メディアケース、OA フィルター(枠あり)、OHP フィルム、クリアホルダー(ファイル)および窓付き封筒(紙製)の窓部分に植物由来プラスチックを使用する際は、製品中のバイオベース合成ポリマー含有率が 25%以上であること”と定められています。またその証明方法として、植物由来プラスチック(原料樹脂)は、”ISO 16620-2 または ASTM D6866 に規定される 14C法によるバイオベース炭素含有率の測定結果の値と成分組成を用い、ISO 16620-3に規定される方法により算出したバイオベース合成ポリマー含有率” の記載が求められています。

※Beta AnalyticではISO 16620-2 または ASTM D6866の試験を行うことができます。ただし、ISO 16620-3に基づく算出には対応しておりません。


エコマーク認定でISO 16620-2またはASTM D6866試験が証明方法として採用されている商品類型は下記の通りです。

エコマーク商品類型 No.103 <新基準>衣服 Version3.5

エコマーク商品類型 No.104 <新基準>家庭用繊維製品 Version3.4

エコマーク商品類型 No.105 <新基準>工業用繊維製品 Version3.3

エコマーク商品類型 No.112 <新基準>文具・事務用品 Version2.2

エコマーク商品類型 No.128 <新基準>日用品 Version1.20

  • 食器
  • 台所・食卓・ランチ・レジャー用品
  • 台所用水切り、廃食用油吸収材、食用油濾過器
  • 洗たく・風呂場・サニタリー用品
  • 清掃・収納用品、室内装飾・芸術品
  • ダストコントロールマット
  • 化粧用具、家庭医療関連用品
  • ペット・園芸用品
  • ゴムホース・手袋・マット等ゴム製品
  • 掃除機用フィルター袋
  • 空き缶回収機器
  • マッチ、つけ木、線香
  • その他

エコマーク商品類型 No. 130 <新基準>家具 Version2.4

エコマーク商品類型 No.140 詰め替え容器・省資源型の容器 Version1.11

  • 植物由来プラスチックを使用したPETボトル(容器)
  • 植物由来プラスチックを使用したプラスチック製容器包装

エコマーク商品類型 No.143 靴・履物 Version1.7

その他詳細は、 公益財団法人日本環境協会エコマーク事務局 のサイトをご参照ください。