Carbon-14 分析: 偽装検出のツール

物質が持つ放射性炭素 (Carbon-14)濃度を調べることによって、その真正を評価することができます。 様々な研究が示すように、バニラビーンズ由来のバニリンや、シナモンオイルやビターアーモンドオイルといったエッセンシャルオイル、 コーヒーや紅茶由来のカフェイン、酢酸、クエン酸、クルクミン(ターメリック抽出物)、オリーブオイルのような食用油、ゴマ、トウモロコシ、スクアラン、菜種などの天然由来の製品と、その対となる石油化学由来の製品を区別するために放射性炭素 (Carbon-14)分析を利用することができます。

放射性炭素 (Carbon-14)分析を使って製品が天然由来か 合成由来を調べる方法は新しいものではありません。 何十年にも渡り有用で正確なツールとして行われてきました。 しかし今では、dpm/g (壊変毎分毎グラム)や放射性炭素年代といった用語を解釈する必要がなく、規制側や消費者側のどちらからも簡単に理解でき利用可能なわかりやすい用語に置き換えられています。

2011年には、the U.S. Pharmacopeial Convention (米国薬局方協会、USP)は、The Food Chemicals Codex (食品用公定化学品集、FCC)に、食用サプリメントや食品の天然由来原料の真正を保証する方法としてバイオベース度試験を追加しました。

Carbon-14 はどのようにして石油由来の物質を検出することができるのでしょうか?

ISO 16620-2のような標準化された方法に則り、放射性炭素 (Carbon-14)分析を通じて、物質の合成成分を検出することができます。 天然由来の物質は一定の濃度の放射性炭素を含んでいます。 一方で石油由来の成分から成る物質は顕著に低い放射性炭素レベルを示します。 食品、飲料、薬品、化粧品の人工添加物のうち石油由来の物質には放射性炭素が残っていません。

例えば、再生可能由来物質(植物抽出物)のみから作られた製品AはISO 16620-2によれば、バイオベース度は100%です。 自然抽出物と合成化合物が混合した製品では、バイオベースド試験結果は、その混合割合に応じて、0%と100%の間の結果が出ます。

Carbon-14 試験では、植物成分のような最近まで生息していた原料を由来としたバイオベース系の内容物と、化石由来の内容物を区別します。 試験では、それぞれの原材料の種類は特定することはできませんが、天然由来または合成由来の炭素含有率を決定します。

Beta Analyticの高品質な天然由来製品の真正試験

ISO/IEC 17025:2005認定のBeta Analyticは、 香料(フレーバー、フレグランス)、添加物、着色料、化粧品、栄養補助食品、その他の食品・医薬品・飲料に含まれる化学成分の天然 vs 合成の割合を決定する放射性炭素分析を提供します。

ラボでは、ISO 16620-2に準拠して、製品の天然 vs 合成の成分の割合を報告します。ISO 16620-2は、再生可能な原料またはバイオマス由来の物質に含まれる炭素の割合を正確に測定するCarbon-14分析について記載された国際標準規格です。天然由来製品の真正試験の結果はISO 16620-2 8.3.2に基いて報告されます: 全炭素量に対するバイオベース炭素含有率(biobased carbon content as a fraction of total carbon (TC))。